本文へ移動

資格取得制度

自分の技術を磨き成長する、そして社会に貢献する

shikaku_matsumoto
 
 
「技術士」資格をとったら
人生変わった。
 

 
土木事業本部 緑地環境部 緑地環境課
松本 良太
 
 
「技術士資格をとったら人生変わった。」これが私の率直な感想です。
そもそも私がこの資格取得を志したきっかけは、自身のスキルを見える化することとともに、魅力的なインセンティブである資格手当が目的でした。

大変充実した資格取得支援

技術士の資格取得は難しいと思われるかもしれませんが、我社の資格取得に対する支援は、大変充実したものになっています。
 
例えば上司や先輩からの資料提供から始まり、口答試験の論文添削や模擬面接の実施など。極めつけは、受験対策講座や通信教育等の費用負担まで。これらの手厚いサポートが、取得までの期間を短縮してくれたことは間違いありません。
 
資格取得後は多方面からの期待(プレッシャー)を感じながら、身が引き締まる思いで日々の業務に取り組んでいます。技術士を取得するまでは技術者として漠然と業務を行っていましたが、資格を取得した今では、「技術者としての自信と責任」という認識に変化が生じてきたように感じます。
 

課題に立ち向かい、スキルアップを目指す

高速道路を取り巻く環境は、老朽化の進行、気象の変化、環境対策、安全対策等の難しい局面を迎えています。私は造園職ですが、安全で快適な高速道路の緑地空間を守り、育てていくための課題が山積しており、試行錯誤の日々が続いています。このような状況をポジティブに捉え、常に自ら考え変わり続ける姿勢があれば、我社は仕事に対する情熱を持って活躍できる場所であり、スキルアップを全力で支援してくれる存在であると、私は考えています。
 

資格

土木、建築、電気、機械、造園など、それぞれの分野、職種における各種認定資格の取得に努めており、多くの資格を有した社員が在籍しています。
 
TOPへ戻る